一言ブログ

ごくごく個人的なブログです。

あった出来事[重いので閲覧注意]

 ここの存在を知っている人のみで、何が具体的にあったのか話そうと思います。

 割と直球で重いので現実のドロドロしたやつは知りたくない、という人は見ない方がいいです。ホントに気になる人だけ。それと僕のストレス発散でもあるので。

 

 実は以前から母と祖母の仲は悪く、そしてなお悪いことに祖母の性格もまぁまぁひねくれていて。例えば喧嘩をしたら自分からは絶対に謝らない人だったんですよね。

 本来ならその時点で、いやもしかしたらそれより前に家族会議して性格矯正をすべきだったんですが、皆触らぬ神に祟りなし、あるいは処置無しとして無視してきたわけです。

 僕も、まぁ僕が物心ついた時点で祖母は祖母たる年齢だったので、その時点での矯正は難しかったのかもしれませんが、でも、性格難を知っていてなお無視してきたわけですね。

 

 そして、祖母が認知症になり、そうなったことで一番負荷がかかったのは母でした。

 まず、主婦なので家事をしなくちゃいけない。けれども祖母が何かにつけて突っかかったり、邪魔をしたり(本人にその気は無く話しかけているだけのつもり)、掃除道具やタオル、箸や食器などを2F(祖母の部屋が2Fの突き当たりにある)に持って上がったまま降りてこない。とまぁ、やりたい放題(ちなみに祖母にその感覚は無い※忘れている)で、度々口論をしていたわけです。

 

 ところが、ですよ。日中基本仕事などで外に出ている僕や父にはその状況は伝わらないわけです。休日は父が相手をしていますから、なおの事。

 僕も休みの日はほぼ部屋に籠ってましたし、極力祖母の相手をしたくなかった(人と顔を合わせて雑談するのが好きではない)ので、反応が遅れるわけです。

 まぁ、そもそも仲の悪さを知ったのは祖母が認知症になってからなんですけど。

 

 そんな感じで母がぷっつんして出て行ってしまいました。もう二度と祖母の顔は見たくないらしく、困ったのは僕と父です。

 何しろ、家事はほぼ母任せで、全てにおいて素人。幸い僕が家事をしている様子を多少は見ていた(後学のために)ので、見様見真似でやるようになりましたが、まぁ、心労がすごい。

 母について行っても良かったんですが、父には頼れる親戚がいません。まだ仕事も続けていますし、一人でどうにか出来るとは思えません。最悪、後から訃報を受け取ることになるかもしれないので、まぁ、僕が次の犠牲になるしかなかったわけです。

 

 確かに、母の場合は、はっきりと仲が悪かったのが不味い方向に影響していましたが、だからといって僕が無事に済むわけではありません。ただでさえ面と向かって人と話をすることが嫌いだというのに、ちょっとでも対応を間違えるとキレる人の相手、それも、何度も同じようなことを言ったり、自分の要望が通らないと途端に機嫌を悪くするような状態なので、やはり心労がすごい。

 母はよく我慢していたなと思いました。

 

 けれども、とりあえずは僕がどうにか家事を覚えて、祖母が施設に入るまでをもたせないとならないので、しばらくはギリギリの状態が続く、という感じですね。

 認知症の人の介護平均年数は6~7年だそうなので、最低でも3年はこんな感じかもしれません。

 これで、案外体は大丈夫なので、如何にメンタルを持たせるのか、というところが本題になりそうです。実はもう趣味も楽しめない状態。もとより、祖母が認知症になってからは眠剤を飲まなければ寝られなかったり※、イライラを軽減する漢方薬を飲まなければ相手すらできなかったりしたので……

※祖母は今が昼か夜か分からず頻尿も相まって物音がヤバい(僕の部屋はトイレの隣)

 

 これまではなんちゃってうつでしたが、これからはガチで介護うつになる可能性が出てきました。その未来を回避しつつ、どうにか生きていけたらという感じです。

 以上でこの話を終わります。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。